Tweet

史上初!
アプリから参加できる
理系サークルのためのアイデアグランプリ
「ロジスタ」は、電通が開発した大学サークル専用アプリ「サークルアップ」が理系サークルに所属する大学生などを対象に開催するアイデアコンペティション。近年、広告の世界でも注目されている、アイデア×テクノロジーという考え方。ロジカルなイメージのある理系大学生から生まれる柔軟なアイデアを募集します。

電通からのコメント

答えがない課題へ挑む。それが電通の仕事。
問題の本質をとらえ、解決策を考え続ける。トライアンドエラーを繰り返しながらも、新たなアイデアを模索する。これは、理系の学生の皆さんの思考プロセスにも、通じるところがあるのではないでしょうか。 
電通には、理系の思考プロセスを活かしながら、優れた答えを生みだしている社員が数多く在籍しています。その職種は、ストラテジックプランナー、データサイエンティスト、営業、クリエーティブなど多岐にわたります。
電通からの課題を考えることを通して、答えがない課題へ挑む難しさや、やりがいを感じて頂きたいと思います。多くの方の挑戦、お待ちしております。

グランプリ

医療系学生サークルMEDICUS
中曽根彩華さん(星薬科大学)

※課題Bで受賞

医療系学生サークルMEDICUSのサークルアップページはこちら

入賞

棚橋 直生さん(立命館大学)

  ※課題Bで受賞

大滝 優希さん(東京工業大学)

  ※課題Aで受賞

坂田 優太郎さん(東京理科大学)

  ※課題Aで受賞

講評

たくさんの素晴らしいアイデア、ありがとうございました。どれも素晴らしいアイデアだったで、とても悩みました。 今回の選考では、専門分野の知識を活かしながらも、知識に振り回されない、今までにない形で何かを解決しようとする視点や、世の中に新しいものの見方を提案する視点など、目の付け所がユニークなアイデアを評価させていただきました。 このコンテストは、みなさんが毎日研究されている専門的な知識を全く違うアイデアに活かす、よく言えば技術の水平展開の機会、ゆるく言えば、頭の体操だと思います。いつもとは違う角度から自分の研究や知識を俯瞰してみたり、世の中ごと化してみるのを楽しむ機会として、是非次回も楽しんで参加をしていただければ幸いです。

キャンペーンデザイン、バズプロモーション、空間デザイン、プラットフォーム開発などさまざまな領域でプランニングおよびクリエーティブディレクションを行う。ADFEST、Spikes Asia、One Show Interactive、W3 Awards、ヤフーインタラクティブアドアワードなどサイバー部門を中心に国内外の主要なクリエーティブアワードを受賞。

世界ゆるスポーツ協会」代表。義足女性のファッションショー「切断ヴィーナスショー」プロデューサー。高知県の「高知家」コンセプター。日本ブラインドサッカー協会のコミュケーションプランナー。口説き文句研究家。漫画「キメゾー」連載中。著書「ダメ社員でもいいじゃない。」

世界ゆるスポーツ協会では常に新しいスポーツの種を探しています。今回、理系のみなさんにお願いしたいのは「理系を活かしたゆるスポーツアイデア」。例えば、既に協会には「スカッチュ」というスポーツがあります。これは電気通信大学のSITAインターフェースという技術を活用したゆるスポーツです。
そう、テクノロジーや技術は立派なスポーツ用品なのです。あなたの研究分野、あなたのサークルの活動分野を活かしたユニークなスポーツのアイデアをお待ちしています。

人事、総務、店舗、オフィスなどの経営全般をアイデアで活性化する未来創造グループに所属し、数々の企業と協働プロジェクトを多数担当。また、電通総研副主任研究員を兼任し、インサイトラボ「電通若者研究部(電通ワカモン)」「電通ギャルラボ」の立ち上げメンバーとして、主に10〜20代の若年層を対象に消費心理・動向分析を研究。

メイク(化粧)の起源は遡ること約7万年前と言われ、自分をより魅力的に見せる手法の一つ。女性を中心として、欠かせない生活習慣です。トレンドや時節によって「どんなメイクをするのか」は変遷しているものの、「どうやってメイクをするか」といった手段や手法に長い歴史の中でも大きなイノベーションは起きていません。今回の課題では、メイクと一言で言っても化粧品という商品のみに限らず、例えばメイクをするモチベーション作りだったり、楽しくメイクをするプロセスだったり、時短を叶えるテクノロジーだったりと、若者のインサイトに着目することで、メイクの固定概念をぶち壊す幅広いアイデアを期待しています。正解はありませんので、楽しんで考えてみてください。

各賞の紹介個人への商品+
サークルへの賞品をプレゼント!

参加条件

理系の活動をしているサークルに所属している高校生、大学生、大学院生
※上記内容のサークルに所属していれば文系の学生でもOK
※既卒の方は参加できません。
理系の大学に付属するサークルに所属している大学生、大学院生
※上記大学に付属するサークルならば、活動が理系な内容でなくてもOK
サークルに所属していない理系学部の学生
※サークルアップ上にある個人参加用グループ「理系選抜」に加入すれば参加OK

応募方法

 こちらの参考フォーマットを利用しても構いません。
 ※A4サイズ/PDF/200MB以内/を守って提出してください。

応募締め切り
 2月15日(月)23:59まで(受付は終了しました)

結果発表
 2月22日(月)

Q&A

Q 「理系」とは具体的にどんな分野を指しますか?
A 数学、情報学、情報科学、物理学、生命科学、化学、生物学、農学、林学、獣医学、畜産学、工学、理工学、建築学、天文学、宇宙科学、地球科学、海洋学、気象学、地質学、惑星科学、商船学、水産学、医学、歯学、薬学、看護学、福祉学、保健学、栄養学、軍事学、防衛学、統計学など、一般的に理系と捉えられる学問を指すものとします。上記以外については、都度検討させていただきますので「下記、問い合わせ先」までご連絡ください。
Q 「理系を活かしたアイデア」とはどのようなことを指しますか?
A 明確な定義はありません。ご自身のサークル、学部の理系的な側面と提出するアイデアがどうリンクするのか?を企画書上に記載していただければ結構です。
Q 「スポーツ」、「メイク」の定義はありますか?どこまでがスポーツ、メイクですか?
A 特に規定はありません。自由に発想していただければ結構です。
Q サークルに所属していない理系学生はどうすればいいですか?
A サークルアップ上に「理系選抜」という個人参加用のサークルを用意しておりますので、そちらにご加入の上で応募してください。※理系選抜からの提出者がグランプリ、入賞した場合、サークルへの賞品は無しとさせていただきます。
Q 企画書はどんな形式でもいいですか?
A 結構です。A4サイズ1枚であれば、手書き企画書を撮影した画像データでも構いません。Word、Power Point、Excel、Keynoteなどで作成される場合は、フォントや画像などが崩れる可能性がありますのでpdfファイルでの応募をお願いいたします。
Q 企画書は複数枚で提出してもいいですか?
A 結構です。ただ、複数枚で提出する場合は1ページ目に企画骨子がわかるように記入し、2ページ目以降は「参考資料として」扱ってください。
Q 提出した企画書は一般に公開されますか?
A されません。本企画が実現した際は企画が公表される可能性はありますが、グランプリ、入賞発表時に企画書を公開する予定はありません。予めご了承ください。
Q グランプリ、入賞者の氏名、所属大学、所属サークルは公開されますか?
A されます。ご応募の際は、予めご了承ください。
Q グループで応募してもいいですか?
A グループで企画して、応募していただくのは結構です。ただ、応募は代表者1名からとなります。グループでの応募の場合は、企画書に他の参加者氏名を記載してください。
Q 課題A、Bの両方に応募してもいいですか?
A 結構です。応募する企画数に上限はありません。同じ課題で複数案提出しても構いません。たくさんのご応募をお待ちしております。
Q 選考基準はありますか?
A 明確な基準はありません。独自性や実現性を踏まえて、担当審査員が判断するものとします。
Q 電通の採用に直結するコンペですか?
A 本コンペの結果が電通の新卒採用に関係することはございません。予めご了承ください。
Q 提出した企画に対するフィードバックはありますか?
A グランプリ、入賞以外の作品に対して個別にフィードバックのコメントなどを差し上げる予定はありません。予めご了承ください。
Q 具体化に向けた検討会の日時は変更可能ですか?
A 基本的に変更の予定はありません。ただ特段の事情がある場合などは検討させていただきます。
Q 企画の著作権はどうなりますか?
A 提出された企画を実現させる場合の著作権については、応募者と別途協議の上で決定するものとします。企画に明確な独自性がある場合、提出者に無断で企画を実現させることはありません。

問い合わせ先

feedback@circleapp.jp

CircleApp